カテゴリ:2. 日本語ーお勧めの本( 11 )

100歳まで元気に生きる!

しばらくご無沙汰してしまいました!本は引き続き、月2〜3冊のペースで読み続けていました。

これは記録に残さねば、と思い立った本に巡り会えましたので、ブログに残します。

健康は、知的生産に不可欠、とは分かっていながら、不摂生な生活を送っている30代後半の私。
先日受けた健康診断の結果は、これだけ飲酒しても肝機能に問題はなく、逆にコレステロール値は下がっていました。

でもでも、これで安心してはいけない、40代になったらきっと痛い目に会うぞ、と思い、以前から読みたいと思っていた本のリストからこの本を選びました。サブタイトルは、「科学的に証明された長寿の秘訣」

「何読んでいるの?」と聞かれたので、「勝間和代さんも推薦している本だよ」というと、「ああ、まだカツマー風吹かせてるの?」と、最近では揶揄されるようになってきているのは、ちょっと悲しい。私は8年も前からムギ畑に登録していて、陰ながら彼女の応援をしていて、なるほどと思うことは積極的に取り入れているだけよ、何が悪いのかしら。

ちょっと話は反れましたが、この本では、世界中で健康で知的な考え方を100歳近くになっても保っている人たちの生活習慣などが、実例と共に紹介されています。これの本を読むと、年と取ることはあきらめや怖いことでは全くなく、逆に素敵な事だと感じられました。そして本を読み終えた今では、年を取ることがかえって楽しみになって来ました!

女盛りの40代を前に、私ももっと体の中から磨かなくては!と思える、前向きになれる本でした。そして、パートナーとの良い関係作りにもね。
[PR]
by bluebonnet2002 | 2009-10-26 00:33 | 2. 日本語ーお勧めの本

16. 北欧流スローライフ・コーチング The Art of Leading Yourself

北欧流スローライフ・コーチング The Art of Leading Yourself
ランディ・ノイス/著 阿部としみ/監修 椿正晴/訳(主婦の友社)
 図書館で予約して読みました。なぜ予約までしたのかは、今となっては定かではないのですが、おそらく何かでおすすめの本として掲載されていたのだと思います。内容は、大変興味深かったです。ただ、「北欧」「スローライフ」「コーチング」と、流行っているものを並べただけという感じがする邦題がイマイチ。 そもそも著者が北欧出身というだけで、現在はアメリカ在住でご活躍中のようなので。

 しかし、中身はよかった。離婚、事業譲渡等々、失意のどん底から立ち直って来られた実体験に基づく記述は説得力があります。自らのネガティブな感情、怒り・不安・嫉妬等々といかに上手く付き合うか、ネガティブな影響を与える他者とどう付き合っていったらいいのか、とても参考になり勇気づけられました。
  自分のマイナス部分や足りない部分に目を向けるのではなく、自分の長所に目を向けてもっともっと伸ばそう、といった、とても元気付けられる内容の本でした。おすすめです。
c0130742_2214548.jpg

[PR]
by bluebonnet2002 | 2008-04-19 22:00 | 2. 日本語ーお勧めの本

15. 心が軽くなる本〜「不安」を「安らぎ」に変える57のヒント〜

〜「不安」を「安らぎ」に変える57のヒント〜「心が軽くなる本」山崎房一 PHP文庫

 こんばんは。怒濤のような年度初めの週を乗り切り、ちょっとほっとしています。歓送迎会もたくさんあって、少々カロリー摂取オーバー気味。今週末は、娘とリラックスした時を過ごそうと思っています。
 さてさて。今日紹介するのは「心が軽くなる本」。勝間和代さんの新インディの巻末「勝間和代のお勧め本厳選20冊」で紹介のあった1冊です。先週の日曜日に図書館へ行った時に、検索しまくったところ、在庫があったのはこの1冊、すぐに借りました。そして他の本も予約。。。

 まさに、今の私の心に響く内容。通勤電車の中で一気に読んでしまいました。
 とりわけ、役に立つと思ったのは、「精神的に疲れたり、ストレスに悩まされた時に有効なチェックリスト」。人間関係のトラブルの応急手当に最適です。抜粋すると、

1 自己本位性の回復ー連中が何を言おうと、自分は自分。妥協はするが服従するわけにはいかない。
2 価値の再認識ーあんな連中に頭を悩ますのは、時間の無駄。
3 反応レベルの検討ー他人の態度や言葉に敏感に反応し過ぎてはいないか
4 自己解決案の設定ー自分の思った通りにやりことがベストの方法
5 有害性の吟味ー彼らは自分にとって有益ではない。距離をおくべき
6 自己愛えの懐疑ー被害者意識や自己愛が強すぎたのでは。相手の立場や考え方をもう一度聞いてみよう
7 拙速の回避ー急いで結論を出す必要はない。時間をかけて和解する糸口を探してみるのも手
8 想像力の修正ー自分に敵意を持っているという思い込みは、悪い想像だったかも知れない
9 限界の設定ーできることといえば、これ以上問題をこじらせないこと。無理に解決させようと焦るのはよそう
10 罪の意識の払拭ー自分に悪いところがあったとしても、それはお互いさま。自分をせめても意味はない。

 本当におかげで「心が軽く」なりました。皆、少なくとも人間関係には悩んでいますよね。行き詰まりを感じたら、ぜひぜひご一読をお勧めします。

[PR]
by bluebonnet2002 | 2008-04-19 21:52 | 2. 日本語ーお勧めの本

13.人事屋が書いた経理の本—MGから生まれた戦略会計マニュアル (単行本)

 日商簿記検定2級を取得済みの私。でも、ここ10年近く、人事畑をめぐっています。そんな私に、今さらながら気付きの1冊でした。ああ、そうだたな、と。改めて経理の重要性と、経営感覚の重要性を再認識した本でした。
[PR]
by bluebonnet2002 | 2008-04-06 22:03 | 2. 日本語ーお勧めの本

12. 勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド (新書)

 c0130742_219336.jpg

 勝間さんの本はほとんど買っている私。しばしためらっていた「新インディ」を購入し、あっという間に読破してしまいました。(5歳の娘風に言うと、「完読〜〜」)

今や、TVに雑誌にWebに大活躍の勝間さん。
彼女の初の著作である『インディでいこう!』が携書版になったとのこと。初代インディを図書館で借りて読んでいた私。購入するまではないかな、と思ったのですが、書店で見かけて思わず衝動買い(笑)。単行本で1000円とは、出版社も儲けようと強気だわね、と思いつつ購入してしましました。(750円が maxでしょうに、あのサイズなら!)

 価格設定に関してはいささか問題提起したいところですが、それ以上に元気&パワーを頂戴した感があるので、ひっこめることにします。
 改めて読み返すと、勝間さんが「今読み返すと、笑っちゃうくらい、今売れている本たちの内容が網羅されています」というのも納得。勉強法、時間投資、効率化、お金に関することはもちろん、じょうぶな心の作り方、いいパートナーの選び方まで、彼女が実践してきた詳細が、惜しげもなく公開されています。私もめちゃくちゃ近い価値観(地位とか名誉とかはさて置き)なので、元気付けられました。

 単行本化にあたって巻末に収録された「勝間和代のお勧め本厳選20冊」のリスト、かなりいいです。私は文庫本を除いて、娘のカードも駆使して(反則だが)図書館で全て予約しました。何と、現在は絶版になっている「会社の掟」も図書館にありました。ただし16人、待ち、ひとり2週間として、少なくとも32週はかかるということかと思うと気が遠くなりますが、仕方がない、これは待つ事にします。(だって買えないもんね)

ちなみにこの本では、
1 年収600万円以上を稼ぎ(男性なら1000万以上)
2 素敵なパートナーがいて、
3 年をとるほど魅力を増す「精神的にも経済的にも周りに依存しない生き方」
そのために必要な、具体的なノウハウが凝縮されていました。

 年収が書かれているのは、そこがそれぞれ上位10%ラインなんだそう。私はかろうじてクリア。でも、余裕ありませんけど〜。とりわけ、「心を強くする方法」は大変興味深く、日々実践したいと思います。手帳に貼るべく、コピーまでしちゃった!!

 ただし、勝間さんの著作にありがちな、同じ内容が何度も何度も出てきて、大事なことだからというのはわかりますが、ちょっとしつこい感じがします。てなわけで、今後著書を出す際には、その辺を改善された方が良いかと思われます、勝間さん!

■初代「インディでいこう!」
http://ecx.images-amazon.com/images/I/512VDKSNZVL._SL160_PIsitb-dp-arrow,TopRight,21,-23_SH30_OU09_AA115_.jpg
 挿絵もかなり若年層を意識し過ぎという感じが。。。
[PR]
by bluebonnet2002 | 2008-04-06 21:12 | 2. 日本語ーお勧めの本

10 「35歳からの美肌カウンセリング 」読みました!

 友人の勧めで、佐伯チズさんの本を読みました!なるほどー、と思いつつ、私もブルー系のアイシャドーを使うのを止めました。
 それにしても彼女の美容哲学は素晴らしい。悪いけど私も、同年代の女性には肌に関しちゃ負けないよ。肌がキレイだね、ってよく言われるし。でも、美容液も使ったことなけりゃあ、パックもしてない。これからお手入れすればさ、断然違ってくるよね。間違いなし。
 私もディオールのレンガ色(631番)とトレンチコートを買いに行こうかと真剣に検討中です。本真珠と赤珊瑚ネックレスは、母からクスねてきますわ。
c0130742_2248354.jpg

[PR]
by bluebonnet2002 | 2008-03-21 22:48 | 2. 日本語ーお勧めの本

2008年に入って読んだ本 〜リマインダーとして

 今年の抱負、1年に本100冊読破を目標にしています。今日は雪で、家の中でゆっくりしようと決めたので、ちょっとリマインダーを作成してみることにしました。
 こう見てみると、読んでいる本にかなり偏りがあることに気付きますね。

■自己啓発、ビジネスもの
1 無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法(勝間和代)ディズカバー
2 無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法(勝間和代)ディズカバー
3 会社でチャンスをつかむ人が実行している本当のルール(福沢恵子、勝間和代)ディズカバー
4 決算書の暗号を解け!(勝間和代)ランダムハウス、講談社
5 お金は銀行に預けるな(勝間和代)光文社新書

■その他
6 女性の品格(坂東真理子)PHP新書
[PR]
by bluebonnet2002 | 2008-02-03 13:00 | 2. 日本語ーお勧めの本

8 ベストパートナーになるために

 今日は軽い読み物にトライ。「男は火星から、女は金星からやってきた」のキャッチフレーズで世界的大ベストセラーになったジョン・グレイ博士の本。原題は、「Men are from Mars, Woman are from Venus」。グレイ博士の本はとても読みやすく、語り口調であるため、気軽に読み進めることができますよ。
 私たちの人生を間違いなく、いい方向に動かす究極の愛のルールを伝授してくれます。愛にも、この”かしこさ”が必要なんだそうです。ほほー、なるほど、と。これは身につけて実践するしかありません。今年の目標にしようっと。

■男と女は、違う星からやってきた生物であると認識すれば、腹も立たない。男は”受容”を、女は”共感”を求めている。
■「男は単純で、女は複雑」は本当ではない。男は”調停屋に、女は”教育委員長”になりたがる。
■男は分析して満足する、女は話してすっきりする。言葉が愛を生む、一方で、憎しみをも生む。
■相手の気持ちを上手に翻訳すべし。誤訳してはいけない。何せ、異星人ですから。

あなたも、この技術を身につけて、パートナーとの良い関係を築きなおしてみてはいかがでしょうか。例えば、喫煙は健康を害することは統計上明白ですが、
1 愛情のある生活を送っている喫煙者
2 愛情のない生活を送っている非喫煙者
両者を比較すると、1の人の方が健康で長寿なんだそうです。
愛情にも種類はたくさんありますが、やはり愛でしょ、愛!!

 
[PR]
by bluebonnet2002 | 2008-01-20 02:01 | 2. 日本語ーお勧めの本

買いました!ロジカル・シンキング〜論理的な思考と構成のスキル〜

 マッキンゼーのエディターとして活躍している女性、照屋華子さんと岡田恵子さんの共著です。久々に、ハードカバーの本を購入してしましました。それもこれも、勝間和代さんの著書「効率が10倍アップする 新・知的生産術ー自分をグーグル化する方法ー」に影響されてのことです。
 仕事上、私に何が足りないか、を常に分析している今日このごろ。自己分析の結果、私の話し方にはフレームワークがなく、理論的でない、ということに尽きると思います。自分で言うのも何ですが、30代半ばを過ぎて若さはなくなったとはいえ、これさえ身に付ければ、持ち前の社交的な性格、人に好印象を与える笑顔を持ちあわせていますので、鬼に金棒です。やっぱり、人は見た目が9割ですからね。
 先日、研修でちらっと習ったMECE(ミッシー)。講師はめちゃくちゃ付け焼き刃であったことは見え見えであったので、もっとじっくり学びたいと思っていたのです。読後の感想を、また書きたいと思っています。
[PR]
by bluebonnet2002 | 2008-01-16 00:29 | 2. 日本語ーお勧めの本

7 効率が10倍アップする新・知的生産術ー自分をグーグル化する方法

 約6年前に「ムギ畑」を通じて名前だけは知っていて、この1年で私が最も注目している勝間和代さん(経済評論家、公認会計士)の最新の本。これまでの「10倍アップ」シリーズと重複する部分がかなりあり、ブログを欠かさず拝見している私にとっては、内容に斬新さは薄れている感は否めませんが、さすが外資系のマッキンゼーやJPモルガンで働き培ったノウハウは素晴らしいものが。凡人の私にはとても真似できないと思いつつ、「学ぶ」ことは「真似ぶ」ことと肝に命じ、一つでも二つでも自分の仕事や生活に取り入れたいと思っています。
 巻頭と巻末には、カラー写真が掲載されていて、勝間さん愛用のグッズや書籍、Audio Bookのリストが付いているのは、とても使いやすいです。ただし、巻頭の勝間さんの写真には少々ギョッとしてしまいましたが。。。もう少し写りの良い写真もあったでしょうにね。
[PR]
by bluebonnet2002 | 2008-01-14 03:32 | 2. 日本語ーお勧めの本