<   2008年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

16. 北欧流スローライフ・コーチング The Art of Leading Yourself

北欧流スローライフ・コーチング The Art of Leading Yourself
ランディ・ノイス/著 阿部としみ/監修 椿正晴/訳(主婦の友社)
 図書館で予約して読みました。なぜ予約までしたのかは、今となっては定かではないのですが、おそらく何かでおすすめの本として掲載されていたのだと思います。内容は、大変興味深かったです。ただ、「北欧」「スローライフ」「コーチング」と、流行っているものを並べただけという感じがする邦題がイマイチ。 そもそも著者が北欧出身というだけで、現在はアメリカ在住でご活躍中のようなので。

 しかし、中身はよかった。離婚、事業譲渡等々、失意のどん底から立ち直って来られた実体験に基づく記述は説得力があります。自らのネガティブな感情、怒り・不安・嫉妬等々といかに上手く付き合うか、ネガティブな影響を与える他者とどう付き合っていったらいいのか、とても参考になり勇気づけられました。
  自分のマイナス部分や足りない部分に目を向けるのではなく、自分の長所に目を向けてもっともっと伸ばそう、といった、とても元気付けられる内容の本でした。おすすめです。
c0130742_2214548.jpg

[PR]
by bluebonnet2002 | 2008-04-19 22:00 | 2. 日本語ーお勧めの本

15. 心が軽くなる本〜「不安」を「安らぎ」に変える57のヒント〜

〜「不安」を「安らぎ」に変える57のヒント〜「心が軽くなる本」山崎房一 PHP文庫

 こんばんは。怒濤のような年度初めの週を乗り切り、ちょっとほっとしています。歓送迎会もたくさんあって、少々カロリー摂取オーバー気味。今週末は、娘とリラックスした時を過ごそうと思っています。
 さてさて。今日紹介するのは「心が軽くなる本」。勝間和代さんの新インディの巻末「勝間和代のお勧め本厳選20冊」で紹介のあった1冊です。先週の日曜日に図書館へ行った時に、検索しまくったところ、在庫があったのはこの1冊、すぐに借りました。そして他の本も予約。。。

 まさに、今の私の心に響く内容。通勤電車の中で一気に読んでしまいました。
 とりわけ、役に立つと思ったのは、「精神的に疲れたり、ストレスに悩まされた時に有効なチェックリスト」。人間関係のトラブルの応急手当に最適です。抜粋すると、

1 自己本位性の回復ー連中が何を言おうと、自分は自分。妥協はするが服従するわけにはいかない。
2 価値の再認識ーあんな連中に頭を悩ますのは、時間の無駄。
3 反応レベルの検討ー他人の態度や言葉に敏感に反応し過ぎてはいないか
4 自己解決案の設定ー自分の思った通りにやりことがベストの方法
5 有害性の吟味ー彼らは自分にとって有益ではない。距離をおくべき
6 自己愛えの懐疑ー被害者意識や自己愛が強すぎたのでは。相手の立場や考え方をもう一度聞いてみよう
7 拙速の回避ー急いで結論を出す必要はない。時間をかけて和解する糸口を探してみるのも手
8 想像力の修正ー自分に敵意を持っているという思い込みは、悪い想像だったかも知れない
9 限界の設定ーできることといえば、これ以上問題をこじらせないこと。無理に解決させようと焦るのはよそう
10 罪の意識の払拭ー自分に悪いところがあったとしても、それはお互いさま。自分をせめても意味はない。

 本当におかげで「心が軽く」なりました。皆、少なくとも人間関係には悩んでいますよね。行き詰まりを感じたら、ぜひぜひご一読をお勧めします。

[PR]
by bluebonnet2002 | 2008-04-19 21:52 | 2. 日本語ーお勧めの本

14. Mind Mapping

 ちょっと出遅れましたが、マインド・マップ」を詳しく解説するCDです。日本では人生に奇跡を起こすノート術という本で紹介されて有名な手法ですが、原理は非常に簡単。
 中心に主題をおいて、そこに向かってツリーが分岐していく、それをA4とかB4の一枚で表していくものです。

 このCDのいいところは、具体的にどのような手段でどのように進めるのか、どのような効用があるのか、などを演習をふまえながら進んでいくところ。なかなか本だけではわかりにくいスキル・ノウハウがCDを一通り聞くだけで身に付き、お勧めです。
 
 値段も2,000円弱ですので、マインド・マップの手法は知っているけれども今ひとつ活用方法が、という方には有効かと思います。
[PR]
by bluebonnet2002 | 2008-04-06 22:07

13.人事屋が書いた経理の本—MGから生まれた戦略会計マニュアル (単行本)

 日商簿記検定2級を取得済みの私。でも、ここ10年近く、人事畑をめぐっています。そんな私に、今さらながら気付きの1冊でした。ああ、そうだたな、と。改めて経理の重要性と、経営感覚の重要性を再認識した本でした。
[PR]
by bluebonnet2002 | 2008-04-06 22:03 | 2. 日本語ーお勧めの本

12. 勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド (新書)

 c0130742_219336.jpg

 勝間さんの本はほとんど買っている私。しばしためらっていた「新インディ」を購入し、あっという間に読破してしまいました。(5歳の娘風に言うと、「完読〜〜」)

今や、TVに雑誌にWebに大活躍の勝間さん。
彼女の初の著作である『インディでいこう!』が携書版になったとのこと。初代インディを図書館で借りて読んでいた私。購入するまではないかな、と思ったのですが、書店で見かけて思わず衝動買い(笑)。単行本で1000円とは、出版社も儲けようと強気だわね、と思いつつ購入してしましました。(750円が maxでしょうに、あのサイズなら!)

 価格設定に関してはいささか問題提起したいところですが、それ以上に元気&パワーを頂戴した感があるので、ひっこめることにします。
 改めて読み返すと、勝間さんが「今読み返すと、笑っちゃうくらい、今売れている本たちの内容が網羅されています」というのも納得。勉強法、時間投資、効率化、お金に関することはもちろん、じょうぶな心の作り方、いいパートナーの選び方まで、彼女が実践してきた詳細が、惜しげもなく公開されています。私もめちゃくちゃ近い価値観(地位とか名誉とかはさて置き)なので、元気付けられました。

 単行本化にあたって巻末に収録された「勝間和代のお勧め本厳選20冊」のリスト、かなりいいです。私は文庫本を除いて、娘のカードも駆使して(反則だが)図書館で全て予約しました。何と、現在は絶版になっている「会社の掟」も図書館にありました。ただし16人、待ち、ひとり2週間として、少なくとも32週はかかるということかと思うと気が遠くなりますが、仕方がない、これは待つ事にします。(だって買えないもんね)

ちなみにこの本では、
1 年収600万円以上を稼ぎ(男性なら1000万以上)
2 素敵なパートナーがいて、
3 年をとるほど魅力を増す「精神的にも経済的にも周りに依存しない生き方」
そのために必要な、具体的なノウハウが凝縮されていました。

 年収が書かれているのは、そこがそれぞれ上位10%ラインなんだそう。私はかろうじてクリア。でも、余裕ありませんけど〜。とりわけ、「心を強くする方法」は大変興味深く、日々実践したいと思います。手帳に貼るべく、コピーまでしちゃった!!

 ただし、勝間さんの著作にありがちな、同じ内容が何度も何度も出てきて、大事なことだからというのはわかりますが、ちょっとしつこい感じがします。てなわけで、今後著書を出す際には、その辺を改善された方が良いかと思われます、勝間さん!

■初代「インディでいこう!」
http://ecx.images-amazon.com/images/I/512VDKSNZVL._SL160_PIsitb-dp-arrow,TopRight,21,-23_SH30_OU09_AA115_.jpg
 挿絵もかなり若年層を意識し過ぎという感じが。。。
[PR]
by bluebonnet2002 | 2008-04-06 21:12 | 2. 日本語ーお勧めの本