8 ベストパートナーになるために

 今日は軽い読み物にトライ。「男は火星から、女は金星からやってきた」のキャッチフレーズで世界的大ベストセラーになったジョン・グレイ博士の本。原題は、「Men are from Mars, Woman are from Venus」。グレイ博士の本はとても読みやすく、語り口調であるため、気軽に読み進めることができますよ。
 私たちの人生を間違いなく、いい方向に動かす究極の愛のルールを伝授してくれます。愛にも、この”かしこさ”が必要なんだそうです。ほほー、なるほど、と。これは身につけて実践するしかありません。今年の目標にしようっと。

■男と女は、違う星からやってきた生物であると認識すれば、腹も立たない。男は”受容”を、女は”共感”を求めている。
■「男は単純で、女は複雑」は本当ではない。男は”調停屋に、女は”教育委員長”になりたがる。
■男は分析して満足する、女は話してすっきりする。言葉が愛を生む、一方で、憎しみをも生む。
■相手の気持ちを上手に翻訳すべし。誤訳してはいけない。何せ、異星人ですから。

あなたも、この技術を身につけて、パートナーとの良い関係を築きなおしてみてはいかがでしょうか。例えば、喫煙は健康を害することは統計上明白ですが、
1 愛情のある生活を送っている喫煙者
2 愛情のない生活を送っている非喫煙者
両者を比較すると、1の人の方が健康で長寿なんだそうです。
愛情にも種類はたくさんありますが、やはり愛でしょ、愛!!

 
[PR]
# by bluebonnet2002 | 2008-01-20 02:01 | 2. 日本語ーお勧めの本

買いました!ロジカル・シンキング〜論理的な思考と構成のスキル〜

 マッキンゼーのエディターとして活躍している女性、照屋華子さんと岡田恵子さんの共著です。久々に、ハードカバーの本を購入してしましました。それもこれも、勝間和代さんの著書「効率が10倍アップする 新・知的生産術ー自分をグーグル化する方法ー」に影響されてのことです。
 仕事上、私に何が足りないか、を常に分析している今日このごろ。自己分析の結果、私の話し方にはフレームワークがなく、理論的でない、ということに尽きると思います。自分で言うのも何ですが、30代半ばを過ぎて若さはなくなったとはいえ、これさえ身に付ければ、持ち前の社交的な性格、人に好印象を与える笑顔を持ちあわせていますので、鬼に金棒です。やっぱり、人は見た目が9割ですからね。
 先日、研修でちらっと習ったMECE(ミッシー)。講師はめちゃくちゃ付け焼き刃であったことは見え見えであったので、もっとじっくり学びたいと思っていたのです。読後の感想を、また書きたいと思っています。
[PR]
# by bluebonnet2002 | 2008-01-16 00:29 | 2. 日本語ーお勧めの本

7 効率が10倍アップする新・知的生産術ー自分をグーグル化する方法

 約6年前に「ムギ畑」を通じて名前だけは知っていて、この1年で私が最も注目している勝間和代さん(経済評論家、公認会計士)の最新の本。これまでの「10倍アップ」シリーズと重複する部分がかなりあり、ブログを欠かさず拝見している私にとっては、内容に斬新さは薄れている感は否めませんが、さすが外資系のマッキンゼーやJPモルガンで働き培ったノウハウは素晴らしいものが。凡人の私にはとても真似できないと思いつつ、「学ぶ」ことは「真似ぶ」ことと肝に命じ、一つでも二つでも自分の仕事や生活に取り入れたいと思っています。
 巻頭と巻末には、カラー写真が掲載されていて、勝間さん愛用のグッズや書籍、Audio Bookのリストが付いているのは、とても使いやすいです。ただし、巻頭の勝間さんの写真には少々ギョッとしてしまいましたが。。。もう少し写りの良い写真もあったでしょうにね。
[PR]
# by bluebonnet2002 | 2008-01-14 03:32 | 2. 日本語ーお勧めの本

つきのぼうや


c0130742_22543816.jpg 縦長の、ちょっと変わった構図の絵本。子どもが4歳の時、毎日せがまれて読み聞かせた本です。日本人の目から見て、決して可愛いとは思えない絵なのですが、何とも味があるのです。子どもに媚びない絵。そして、話の展開が、本の上から下へと流れていく不思議な絵本です。これも、図書館で借り、改めて購入し直した絵本です。
[PR]
# by bluebonnet2002 | 2007-08-05 22:56 | 4. 日本語ーお勧めの絵本

いっすんぼうし

子どもには、主に福音館書店のものを読み聞かせていますが、これもそのひとつ。

誰でも知っている、日本の昔話の一つ。その中でも、この本は、いしいももこさんの文章とあきのふくさんの絵がとりわけ美しいです。この絵本は、日本昔話の魅力を最大限に発揮しているのではないかと思います。読んであげるなら4歳から、となっていますが、話が割と長く感じられるので5歳以上になった子ども向けかと思います。

これは、図書館で借りた後、あまりにも素晴らしいので改めて購入し直しました。それくらい価値がある本です。

c0130742_22423791.jpg
[PR]
# by bluebonnet2002 | 2007-08-05 22:47 | 4. 日本語ーお勧めの絵本